Self-Introduction

大阪大学薬学研究科創成薬学専攻(博士後期2年; 令和2年度)の大浦聖矢と申します。薬学研究科に所属していますが、直接的に創薬には関わらず、遺伝子改変マウスを用いた生殖の基礎的な研究に取り組んでいます。
—研究者データベースのリンクー
日本の研究.com ORCID

業績一覧

論文

原著論文

1. Hiroyuki T. and Seiya O. Involvement of MAFB and MAFF in retinoid-mediated suppression of hepatocellular carcinoma invasion. Int. J. Mol. Sci., 13;19(5), 2018 (pubmed)

2. Hiroshi N., Xi S., Soh I., Linyi G., Seiichi H., Sae O., Taichi N., Omar O.A., Jonathan S.G., Hideto M., Seiya O., Benjamin H., Mamoru T., Motoaki S., Hisato H., Hiroyuki A., Ryuichiro I., Masahito I., Nozomu Y., Feng Z., Osamu N. Engineered CRISPR-Cas9 nuclease with expanded targeting space. Science, 361(6408):1259-1262, 2018 (pubmed)

3. Seiya O., Haruhiko M., Taichi N., Keisuke S., Takafumi M., Akane M., Ayako I., and Masahito I. Chimeric analysis with newly established EGFP/DsRed2-tagged ES cells identify HYDIN as essential for spermiogenesis in mice. Exp. Anim., 26;68(1):25-34, 2019 (pubmed)

4. Taichi N., Yoshitaka F., Takafumi M., Seiya O., Sumire K., Masahito I. Seminal vesicle secretory protein 7, PATE4, is not required for sperm function but for copulatory plug formation to ensure fecundity. Biol. Reprod., 100(4):1035-1045, 2019 (pubmed)

5. Yonggang L., Seiya O., Takafumi M., Asami O., Nobuyuki S., Yoshitaka F., Keisuke S., Haruhiko M., Tomohiro T., Taichi N., Julio M.C., Daiji K., Qian Z., Tamara L., Samantha A.M.Y., Mayo K., Caitlin A.H., Matthew J.R., Cristian C., Ayako I., John R.A., Masaru O., Martin M.M., Thomas X.G., Masahito I. CRISPR/Cas9-mediated genome editing reveals 30 testis-enriched genes dispensable for male fertility in mice. Biol. Reprod., 1;101(2):501-511, 2019 (pubmed)

6. Richard J.H., Seiya O., Kaori N., Katarzyna K., Zhifeng Y., Matthew J.R., Cristian C., Martin M.M., Masahito I., Thomas X.G. The testis-specific serine proteases Prss44, Prss46, and Prss54 are dispensable for mouse Biol. Reprod., [Epub ahead of print],2019 (pubmed)

7. Yoshitaka F., Taichi N., Kiyonori K., Asami O., Sumire K., Takafumi M., Tamara L., Seiya O., Kanako K., Zhifeng Y., Martin M.M., and Masahito I. Identification of multiple male reproductive tract-specific proteins that regulate sperm migration through the oviduct in mice. Proc Natl Acad Sci U S A, 10;116(37):18498-18506, 2019 (pubmed)

8. Asami O., Ayako I., Yoshitaka F., Julio M.C., Seiya O., Masahito I. TESMIN, METALLOTHIONEIN-LIKE 5, is required for spermatogenesis in mice. Biol. Reprod., 102(4):975-983., 2020 (pubmed)

9. Haruhiko M., Keisuke S., Akane M., Seiya O., Takafumi M., Zoulan X., Yuki O., and Masahito I.  Testis-enriched kinesin KIF9 is important for progressive motility in mouse spermatozoa. FASEB J., Apr;34(4):5389-5400, 2020 (pubmed)

10. Kaori N., Qian Z., Haruhiko M., Darius J.D., Zhifeng Y., Seiya O., Takayuki K., Makoto M., Masahito I., Martin M.M. Knockout of Serine-Rich Single-Pass Membrane Protein 1 (Ssmem1) Causes Globozoospermia and Sterility in Male Mice. Biol. Reprod. [online ahead of print], 2020 (pubmed)

11. Taichi N., Yonggang L., Yoshitaka F., Seiya O.,  Takayuki K., Sumire K., Martin M.M., Masahito I. Sperm proteins SOF1, TMEM95, and SPACA6 are required for sperm-oocyte fusion in mice. Proc Natl Acad Sci U S A, 117(21):11493-11502., 2020 (pubmed)

総説

1. 大浦聖矢、伊川正人「ゲノム編集技術と生殖医学研究への応用」日本生殖内分泌学会雑誌 22 巻、pp5-8、2017年9月

2. 野田大地、大浦聖矢、伊川正人「gRNA/Cas9複合体を用いたマウスでのゲノム編集」実験医学別冊 完全版 ゲノム編集実験スタンダード、pp251-266、2019年12月

3. 野田大地、大浦聖矢、伊川正人「CRISPR-Cas9を用いた疾患モデルマウスの
作製—不妊モデルマウスを例に」医学のあゆみ ゲノム編集の未来、pp774-779、2020年5月

学会発表

1. Seiya O, Taichi N, Ayako I, Masahito I「Establishing GFP/RFP tagged ES cells for CRISPR/Cas9 mediated gene function analysis in chimeric mice」4th World Congress of Reproductive Biology、沖縄、2017年9月(ポスター)

2. Seiya O, Haruhiko M, Taichi N, Keisuke S, Takafumi M, Akane M, Ayako I, Masahito I 「Establishing GFP/RFP tagged ES cells for CRISPR/Cas9 mediated gene function analysis in chimeric mice」第8回生体統御ネットワーク定例研究ミーティング、P-25、大阪、2018年1月 (ポスター)

3. 大浦聖矢、宮田治彦、野田大地、嶋田圭祐、松村貴史、諸星茜、磯谷綾子、伊川正人「GFP/RFP標識 ES 細胞の樹立とそのHydin 欠損精子表現型解析への応用」第65回日本実験動物学会総会、富山、O-054、2018年5月 (口頭)

4. 大浦聖矢、野田大地、櫻井伸行、伊川正人「CRISPR/Cas9 システムを用いた遺伝子改変マウス作製の現状」第3 回日本ゲノム編集学会、広島、P51、2018年6月 (ポスター)

5. 大浦聖矢、宮田治彦、野田大地、嶋田圭祐、松村貴史、諸星茜、磯谷綾子、伊川正人「新規EGFP/DsRed2標識ES細胞を用いたゲノム編集とキメラマウスにおける表現型解析」先端モデル動物支援プラットフォーム 若手支援技術講習会、長野、OS-18、2018年9月 (口頭)

6. 大浦聖矢、Lu Yonggang、 櫻井 伸行、 野田 大地、 伊川 正人「CRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変マウスの作製」先端モデル動物支援プラットフォーム 平成30年度成果発表会、滋賀、2019年1月 (ポスター)

7. Seiya O, Lu Y, Nobuyuki S, Taichi N, Masahito I「CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mouse zygotes and analysis of fertility-related genes」 Gordon Research Conference Germinal Stem Cell Biology, Hong Kong, 2019年5月 (ポスター; travel grant)

8. Seiya O, Lu Y, Nobuyuki S, Taichi N, Masahito I「CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mouse zygotes and analysis of fertility-related genes」第10回生体統御ネットワーク定例研究ミーティング、P-21、大阪、2019年12月 (ポスター)

9. Seiya O、Taichi N, Masahito I 「SpCas9-NG mediated genome editing」Cutting-Edge Biological Science and Technology Encounter 2019、大阪、2019年12月 (ポスター)

10. Seiya O、Taichi N, Masahito I 「SpCas9-NG mediated genome editing」 先端モデル動物支援プラットフォーム 成果発表会2019、滋賀、2020年2月 (ポスター)

受賞

1. 大阪大学未来基金教養教育優秀賞 2015年1月
2. 小野奨学会 奨学生優秀賞 2016年8月
3. 小野奨学会 平成27年度成績優秀賞 2016年10月
4. 大阪大学薬学賞 2017年3月
5. 生体統御ネットワークプログラム第8回定例研究ミーティング優秀ポスター賞 2018年1月
6. 日本学術支援機構業績優秀者 2019年6月

研究費

1. 生体統御ネットワーク医学教育プログラム学生研究サポート費 2017 年度 (¥350,000)
2. 日本学術振興会 特別研究員奨励費 2019-2022 年度 (¥3,100,000; 課題番号19J21619; 新規開発CRISPR/Cas9システムによる病原変異の修繕法開発)
3. 生体統御ネットワーク医学教育プログラム 独創的な教育研究活動費  2020年度 (¥900,000; 畳み込みニューラルネットワークによるマウス精巣切片の画像診断システムの開発)

学歴

2017年3月 大阪大学 薬学研究科 薬科学科 卒業 (学位記受領代表)
2019年3月 大阪大学大学院 薬学研究科 創成薬学専攻 博士前期課程 卒業
2019年4月- 大阪大学大学院 薬学研究科 創成薬学専攻 博士後期課程 在籍中

職歴

2019年4月- 日本学術振興会特別研究員 (DC1) (大阪大学)