科学論文紹介

自由自在なゲノム編集の到来!?

コチさんによるイラストACからのイラスト

論文タイトル: Unconstrained genome targeting with near-PAMless engineered CRISPR-Cas9 variants (Science)

標的配列の制約が少ない改変型Cas9を作製したという報告(pubmed)。

ゲノム上の任意の配列を標的として二本鎖切断を惹起できるCRISPR/Cas9は今や遺伝子改変に必須のツールといっても過言ではない。
ただし、標的配列の近傍にはprotospacer-adjacent motif (PAM)と呼ばれる一定の塩基配列が必要で、これが標的配列の制約となっている。ちなみに、ゲノム編集で頻用されるSpCas9の場合は、標的配列の直後にNGGが必要である。

そこで、この問題を解決すべく、筆者らはSpCas9のPAM認識に関わるアミノ酸の網羅的な置換を試み、PAMがNGNもしくはNANとなった改変型Cas9 (SpRY)の作製に成功した。
さらに、これまで修復不可能であった疾患関連変異をSpRYを用いたbase-editingにより修復している。

完全にPAM-lessという訳ではないものの、PAMの制約が少ないSpRYは非常に有用なツールとなるであろう。