とかとか

日本学術振興会 特別研究員とは ー申請書作成にあたって気を付けることー

toraemonさんによる写真ACからの写真

日本学術振興会・特別研究員とは

日本学術振興会という研究資金配分機関により設立された制度で、簡単に言うと、「君たちは研究者になれるかもしれないから、生活費と少し研究費をサポートしてあげましょう。将来の学術のためにがんばりなさい」という投資みたいな制度です。
授業料や生活費を自力で(人による)確保しながら、研究に取り組む大学院生にとって、これほど助かる制度はありません。お金の心配から解放されて研究に取り組めるのですから。

ちなみに、この制度にはDC1、DC2、PD、RPDなどの区分がありますが、大学院生に関係があるのは、DC1とDC2で、月額20万円の研究奨励金(給与)と年150万円以内の研究費がいただけます。詳細は日本学術振興会https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_oubo.htmlのページに飛んでいただくとして、DC1とDC2の違いは簡単に次のようになります。
DC1: 修士課程2年時にのみ申請でき、採択されると博士課程3年間のサポート
DC2: 博士課程1年次以降に申請でき、採択されると博士課程の残り2年間のサポート
学振制度はよく生活保護と対比されたりもしますが、月20万円あれば、贅沢はできずとも、飢えの心配からは開放されます。

さて、そんな夢のような制度(?)ですが、当然(?)、全員がサポートいただけるわけではなく、選考を経てだいたい20%くらいの申請者が採択されます。充実なサポートに加え、研究者としての登竜門的な役割もあり、履歴書に箔がつくため、多くの大学院生は申請書提出前のゴールデンウイークを休み返上で申請書作成に費やします(ほんとにしんどかった、、、)。

さて、現在修士2年生の私も今年の5月に学振を申請したのですが、幸運にも無事採択(面接免除)され、来年度から特別研究員として研究できることになりました。面接免除というのは、書類による一次選考、面接による二次選考のうち、書類の成績が上位の場合には面接を飛ばして合格できるというものです。申請書作成中にお世話になった方々には感謝してもしきれません。この場を借りてお礼申し上げます。また、申請書作成中は多くのブログにもお世話になりました。来年度以降に申請される方の少しでも役に立てればと思い、筆を執ることにしました(次に自分が申請する際の備忘録的な意味もありますが)。

申請書について

申請書の項目は大きく、1. [現在までの研究状況] 2. [これからの研究計画] 3. [研究成果等] 4. [研究者を志望する動機、目指す研究者像、自己の長所等]に分かれます。私が気を付けていたことが申請書をよくするために役立ったかは定かではありませんが、ともかく列挙していこうと思います。各項目に入る前に、全体を通して気を付けていたことも列挙します。

0.全体を通して

どこに何が書いてあるかが一目見て分かるように、項目分けをきっちりとする
概してよく知らない内容を読むのはつらい。今読んでいる内容が全体像のどこにあたるのか、また、いつまで続くのかが分からなくなると、途中で読む気が削がれる。わたしは、項目分けが目立つように網掛けにしていた。
強調する内容は1ページに3か所程度までにする
強調する箇所が多すぎると、本当に言いたいことが何なのかぼやけてしまう。なお、私は、基本は明朝体もしくはTimes New Romanで書いておき、強調したい部分をゴシック体かつ太字にしていた。結構目立つのでお勧め。
申請書の見た目が真っ黒にならないように、文字のサイズと行間を意識する
審査員が老眼だからとか関係なく、文字がびっしり埋まっていると読む気が削がれる。私は、本文中の文字サイズを11ポイントにして、図の説明(figure legend)を10.5ポイントにしておいた。また適度に3ポイントの改行をいれて、隙間を作るようにした。
業績アピールをしっかりおこなう
業績は本文中でもアピールできる(Oura S. et al, Nature, 2018)。実験手法や、知見が確かなものであることを補強しつつ、業績アピールになるので、やらない手はない。(Natureは調子に乗りすぎました。ごめんなさい。)

1.[現在までの研究状況] (1.5ページ)

最初に3行ほど、研究の背景と問題点の要約を入れておく
自身の研究分野における(細かい)問題点は周知ではないと考えておくべき(本当はもっと根本的で大きな問題に取り組むのがいいのかもしれないが、、、)。ここで、「そういう問題があったのか」と思ってもらえるように気を付けた。
研究の背景や問題点を書きすぎないようにする
研究の背景も大事だが、それ以上に実験データが大切。データ出してますアピールをしっかりする。目安として、1.5ページのうち半分はデータを載せたい。データがでていると、研究計画の信頼性が高まる。この点において、これからの研究と一貫性のある内容にしておくのがベター(研究室を移った場合は厳しいか、、、)。これまでに行った別の研究は、研究成果等や本文中でアピールする。

2.[これからの研究計画] 5項目に分かれる

(1)研究の背景 (0.5ページ)
(2)研究目的・内容 (1ページ)
(3)研究の特色・独創的な点 (0.5ページ)
(4)年次計画 (0.75ページ)
(5)人権の保護及び法令等の尊守への対応 (0.75ページ)

(1)研究の背景では問題点・解決すべき点を一読して分かるように
[これまでの研究状況]と同じ。問題点は分かってもらえてないものとして丁寧に分かりやすく書く。
(2)研究目的・内容では大枠を書き、(4)年次計画では具体的な手法も書く
最初書いている際に、(2)と(4)で書く内容が被っていた。重複はスペースの無駄使いである。ただ、(2)で全く触れていないことを(4)で後出しするのもよくない。そこで、大枠と具体的な手法に分けてみると上手く書けた(気がする)。具体的な手法には、参考文献や業績をつけて、実行可能性も忘れずに示す。ここでもしつこく業績アピール。
(3) 研究の特色・独創的な点ではでっかく夢を語る
先行研究との比較は忘れずに。生物系のことしか知らないが、先行研究がない研究なんてないと思う。また、研究が完成した際のインパクトは、大風呂敷を広げて書く(のがいいらしい)。その当該研究の成果がどこまで発展していくか夢を語れる(唯一)楽しい項目である、、、

3.[研究成果等] (1ページ)

もっとも大事な項目とっいっても過言ではない。業績欄が埋まっている申請書は別箱行きになるとかならないとか。学振の採点は1.研究業績 2. 将来性 3. 研究計画の3項目で採点されるが、業績があれば将来性は高く見積もられるし、研究計画の説得力も増すのは想像に難くない。他のブログにならって一応私のものも載せておこうと思う。
・原著論文2 (査読あり; 2ndと3rd以降)
・和文総説1 (査読あり)
・国際会議1 (査読あり)
・国内会議1 (査読あり) 2 (査読なし)
・受賞歴 5
・研究費 1
受賞歴が凄そうに見えるが、うち4つは成績優秀賞で研究には関係ない。書けそうなものは何でも書いておくほうがいい。採択された場合は点数が見れないので、この業績がどれだけ評価されたかは分からない。

4.[研究者を志望する動機、目指す研究者像、自己の長所等](1ページ)

大学院生が出す学振DC1・DC2にのみある項目である。ここは採点に全く考慮されないとか、むしろ重視されるとか、様々な意見が飛びかっている。どちらか分からないので、手は抜かずに書くべきであろう。私は、この項目もとにかく業績アピールに使った。revise中の論文や、TOEFLやIELTSといった語学試験の点数、院試の順位なんかも書いた。ちなみに、読んでもらった先輩には、業績アピールが必死で「きもい」との一言をいただいた(が、気にしない)。研究計画は公開できないが、自己評価くらいなら問題なさそうなので公開する。必死に学振くださいと懇願している私の様子が伝われば幸いである。

DC1_自己評価

最後に

ここまでに自分が気を付けた点などを列挙してきましたが、振り返ってみると当たり前のことばかりですね。論文でも申請書でもブログでも気を付けることに大差はないのかもしれません。
さて、これまではただの学生という気楽な身分でしたが、これからは皆さまの税金を頂いて研究する研究員という立場になるわけです。今まで無責任にやっていたわけではありませんが、なおいっそう責任をもって研究に取り組みたいと思います。また、このブログのメインは学術論文紹介で、少しでも多くの方に学術研究の成果の恩恵がありますようにという思いで始めるに至りました。これから頑張って更新していこうと思うので、見に来ていただけると嬉しいです。